*All archives* |  *Admin*

11/26 再生ソフトの使い方
当ブログではFXの検証にチャート再生ソフトであるFOREX TESTER(ブログ右側の欄をご覧ください)を推奨していますが、再生ソフトで裁量トレードのつもり売買をしていても一向に上達しません。
私も一時期ひたすら裁量トレードの練習を再生ソフトで行っていましたが、結局わかったのは先を当てることは不可能だという事だけでした。
裁量トレード=融通が利く=負けそうなポイントは見送り勝てそうなポイントを厳選してエントリーする…このような図式で裁量トレードを捉えてしまっており、勝率ありきの売買ルールで運用しようとしたのでドツボにハマりました。
つまりできるだけ勝ちを都合よく拾い、負けを都合よく避けることによりはじめてトータルで勝てるというものです。
そのためには相場観を磨き、感覚を養いと必死でした。
ですがそれは徒労に終わりました。
いや、先を当てるという事が不可能であると理解したことが物凄く大きな収穫でしたが、それでもやったことは直接勝ちにつながるものではなかったのです。
そもそも裁量トレードは感情に影響されることが多く、金銭を賭けていないつもり売買と金銭の賭ける実売買は天と地ほどの差があります。
結局どれだけチャートトレーニングしようと再現性が無いのです。

ではどのように再生ソフトを使うかというと、システムの検証です。
システムはエントリーとイグジットのポイントが客観的に決まるので検証時に相場観を働かす必要もありません。(そもそもルールを確立していないような段階のトレーダーの相場観はただの勘)
だったら再生ソフトでなくても通常のチャートでもいいのでは?と思うかもしれませんが、先のわかってしまったチャートではどうしても無意識に都合の良いエントリーやイグジットをしてしまうものです。
ですから手間はかかりますが先の見えないチャートで検証した方が間違いなくいいのです。

検証していると分かりますが、エントリーよりもイグジットの方が数段大切なのです。
以前はなんとか勝てるエントリーを血眼になり見極めようと無駄な努力をしていましたが、そんなことをせずとも利を伸ばし損は小さく切るという事を実行すればトータルで利益は残ります。
初心者の頃なぜ大損してしまったのでしょう?大抵はコツコツドカンのパターンではないでしょうか?
その逆を検証してやれば“エントリーは適当だろうと機械的だろうとイグジット次第で期待値がプラスになるんだ”とびっくりします。
このようにシステムを構築するのが最初の関門です。
そして期待値が正である統計の裏付けがトレードの迷いを以前よりも軽減させるでしょう。(他人が検証したのではダメです。自分で検証せねば信頼できません)
裁量判断はそれを忠実に実行できるようになってからでも遅くありません。
相場観を磨こうとする以前にまず自分のルールは客観的に期待値が正なのか?これを把握すべきです。
当てること前提のルールはどれだけ練習しようがいつまでも勝てません。
相場の値動きを当て続けることは不可能だからです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
アクセスカウンター
オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
1通貨単位からの取引が可能。2015年スイスショックでレートを途切れず配信し続けた実績もあります。万一の事態に備え信頼性の高い業者を選ぶことは重要です。
カテゴリ
新着記事
メールフォーム
メールを頂いた場合、内容を読者と共有したいと判断した場合は記事で紹介させていただく場合がありますのでご了承ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーリンク