*All archives* |  *Admin*

オプション売りでの損失限定とクレジットスプレッドの期待値
この前は為替のチャートについて書いたので今日はオプションの話でも。
為替や日経は過去のチャートがいつでも見られるのでどこどこで仕掛けて手仕舞いした場合の客観的な期待値が検証可能ですが、オプションは過去の値動きのデータがないので検証が難しいです。
IVがどうであったとかはある程度わかりますが数多くの銘柄のプレミアムが細かくどう動いたのかはわかりませんね。
ですから私の場合客観的なデータと言えば「SQまでホールドした場合にどうなるか」という材料を使っています。
SQまでホールドした場合権利行使価格に到達する確率が過去約340回分のSQ値を用いて「SQ●日前にポジションを持った場合●%」というのがいつでもエクセルでわかります。

オプションの売りは権利行使価格に到達しようとすると加速的にプレミアムが増加し、更に複数枚売っていてIVが急増した場合ベガが効いてくるとシャレにならない含み損となります。
SQまで耐えていれば助かったとしても証拠金不足で強制決済となってしまうと一番不利なところで降参させられることになりかねません。
こうならないために有効なのは外側の権利行使価格を同枚数買っておくことです。
こうすれば完全に損失は限定されます。
更にこの組み合わせは期待値を算出できます。
例えばプット21500を1枚売って21250円を1枚買った場合、理論上最大損失は25万円に限定されます。
それで、損失が最大になるのはSQ値21250円以下となりますので、例えばSQに21250円以下になる確率が2%ならば、約5.1円以上の受取プレミアムがあれば一応期待値はプラスとなります。(実際は手数料もあるので5.1円丁度だとちょいマイナスですが)

※(250000×2)÷98=5102.04… オプションのプレミアムは1000倍なので約5.1円が±0の境界線

例えば全てのケースで受取プレミアムが10円の場合、100回中、98回は10000円の勝ち、2回は25万円の負けとなりますので1トレードの期待値は4800円となります。
コツコツドカントレードですが期待値はプラスです。
まあかなり大雑把ですけどね。
そもそも日が変われば値動きにより確率は変動するのであくまで仕掛けたその日にどうであるという確率しか割り出せませんし、例に挙げたケースの21500~21250円間の微妙な部分でINする確率が急増した場合期待値が歪む可能性もあるかもしれません。
とは言え参考にはなります。
裸売りは歴史を塗り替えるほどの変動があった場合損失がどこまで膨れ上がるか計り知れませんので客観的な期待値は不明ですが、このようなクレジットスプレッドなら最大損失も限定されるので計算もしやすいでしょう。
もちろんただ毎月機械的に闇雲に仕掛けるのではなくチャート主体で仕掛けを判断します。
波動、日柄や支持抵抗線なども加味します。
その時下落を取りにいく先物ショートのポジションを持っていれば暴落に対してより安全です。

オプションの売りが怖いというのはリーマンショックや震災時に多くの破産したトレーダーを出した印象が強いからだと思います。
確かにブラックスワンに遭遇すると一撃死となる可能性もあります。
ですが損失限定のスプレッドを組むと致命傷を回避することは出来ますし、ある程度客観的な期待値もわかります。
クレジットスプレッドはIVが高まった時でないと充分な受取プレミアムを確保できませんが、IV高騰時は大きいチャンスとなります。
IV高騰時で、更に既に下落の波に乗って含み益のあるミニやCFDがあれば積極的に仕掛けることも多いです。(ちなみにこの戦略はコールでは期待値がプラスの受取プレミアムを受け取るチャンスはほぼ無くプットのみです)
以前私は状況を加味してレシオスプレッドを組むことも多々ありましたが突発的なブラックスワンに対処するには損失無限大のレシオスプレッドはやはり危険なので損失限定のポジションを取るよう考えなおしたりもしました。

トレンドフォロァーであるCFD、FXはトレンドのある時に大きく儲けトレンドのない時期は不遇の時期を過ごすことになるのですが、オプションの売りは高勝率ですのでトレンドのない時期の不遇をコツコツカバーする上でも有効です。
ただしヘッジ無しの裸売りは一撃死するポジションなのでご注意を。
マーケットのクローズ中に重大事故が遭った場合完全に対処不可能です。
退場どころか借金まで背負う可能性があるので信用売りや先物よりも遥かに怖いのがオプションの裸売りです。
あと最低限デルタ、セータ、ベガ、ガンマの理解も必要です。

(※震災時に証券会社によってはオプション売玉が0枚に規制されたことがあったようなので相場の急変時は証券会社の対応を注視する必要があります。買いと売りを組み合わせた真っ当な損失限定ポジションも無理矢理解除されたらたまりませんね)


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: