*All archives* |  *Admin*

2/26 収縮と時間
MAの収縮局面は次に向けてのエネルギー充填期間でチャンスであるという事は何度も書きましたが、そこに時間の概念を当てはめるとより綿密なトレードプランを練ることができます。
上下の値幅も大切ですが、横軸の時間もそれに匹敵するほど重要であることは以前も書いています。
昨日からの動きに当てはめてみます。
方針としては時足をメインに見る私は売り場探しのみですね。

昨日の日中は1時間足ベースで戻しの日となりました。
ここで考えることはこの戻しは“どこまでか”というより“いつまで”続きそうなのかという事。
日本が祝日の時も動いているCFDのチャートの方が考えやすいですね。
2/20日の夜間からの下落とするとだいたい50時間下落しています。
となると少なくとも丸々24時間程度は戻すのではないかと考えました。
CFD15分足は日中引けの時点でMA収縮局面ですが拡散場面では夜間も続いて上昇するのではと見ていました。
しかしナイトセッションにまもなく下落が再開しました。
まだ戻すと考えていたのでこの下落はダマシになる可能性が高いと考えここでは売っていません。
15分足の75MAあたりで止まるだろうと考えました。
しかし75MAを割り込んで深めの押しとなりました。
支持されると考えていた15分足が崩れかけてくると1時間足を巻き込んでの下落再開になる可能性も出てきます。
こうなってくると下落力は強く戻し期間も短く下を試しに行ってもおかしくないと、ここでトレードプランを修正です。
戻り売りを考えることにしました。
15分足MA収縮場面が再びやってきて23時前の売りとなりました。
順次利食いしましたが今日の日中にトレイリングストップ。
現在は下落相場なものの更新値幅もそんなに大きくなくダイバー気味、つまり下落力は弱まりかけている可能性を示唆しています。
売り場探しに変わりはないものの1時間足ベースの収縮局面も視野に入れての対応となります。

現在ボラティリティが高く15分足でも普段の1時間足並の値幅が出ていますので15分足も勘案しています。
強いトレンドが出た場合「押し目待ちに押し目無し」のように押しや戻しが短くなることもありますが昨日みたいに1度チャンスを逃しても値動きが軽くもう1度上を試してくれることも多々あるので焦ってエントリーする必要はありませんね。
短期足であれ中期の足であれ収縮を待つ。そして時間を待つ。煮詰まってきたら仕掛けをする。
普段やることと基本は変わりません。
先物を始めたばかりの頃は相場が荒っぽくなると怖いと感じていましたが慣れですね。
何度も暴落相場を経験すると慣れます。
ボラティリティが高ければいつもより大きい値幅が見込めるのでロスカット幅を大きめに取りその分玉数を減らせばいいだけですね。
トレンドのない荒っぽい動きには手を出す必要はありませんが現在は時足ベースでは下落トレンドの相場です。
一方日足は200MAタッチで日柄・値幅的にも一旦戻してもおかしくない水準です。
週足での値固めが終わるまで日足ベースで一旦リバウンドしても再度売られる可能性が高いと考えていますがどうなるか?
私の場合現在時足では戻り売り、日足ではリバウンド狙いのプット売りのスタンスです。
プット売りと言ってもこの後奈落の底に落ちる可能性もありますので証拠金を少しずつ使いながらの損失限定組み合わせポジションです。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: