*All archives* |  *Admin*

将来的に持続可能なトレードスタイル
以前は為替、日本株、米国株価指数CFD、原油、金など様々な市場を観測し、ベタ付きはできないものの可能な限りチャンスを捉えたいと朝から夜までチャンスさえあればトレードしていましたが、最近はトレード時間を限定しています。
1日中相場漬けだとストレスが溜まるし、生涯続けていくには持続可能なトレードスタイルにせねばなりません。
そもそも相場に縛られて好きな事をする時間が減ってしまうのは今後トレードを続けていくとして果たしてどうなのか?
自分の10年後を想像した時今のやり方を続けていても良いのだろうかと自問自答した結果、トレードする時間をある程度限定させた方が良いという考えに至りました。
今では日経は寄り付きから30分程度見るだけにして、あとは為替をロンドン時間前から夜間をメインのトレード時間にしています。(食事や風呂には差し支えないようにはしますけど)
金融商品の選択についても同様です。
自分が仮に大きい資金を扱うトレーダーならば流動性が極めて高い市場でないと自分の取引だけで相場を動かしてしまうので不利ですよね。
だったら今から流動性の高い市場を選択した方が今後の為です。
また、流動性はあってもコストの関係で特定の業者のみに依存するような金融商品も、もしそこがサービス停止してしまったら継続できません。
だったらあれもこれも手を出さずに最大級に流動性の高い市場かつ特定の業者に依存しない金融商品のみに絞ってトレードすべきだと考え直すようになりました。
そもそも店頭取引自体がリスクを孕んでいますし。
そういう意味では公平性で最も安心なのは株式、日経225先物、オプションでしょうね。
為替もドル、ユーロ、円は高い流動性がありますが、業者の選択は慎重に行わなければなりません。
公平性ではくりっく365が一番良いと思いますがスプレッドが大きすぎて現実的ではありませんね。

要は将来資金が大きくなった自分をイメージし、その時も継続していられるトレードスタイルを考えそれを今も実行するというスタンスです。
新興株やマイナー通貨で利益を出せても225銘柄やメジャー通貨ではまるでダメだなんてことでは困るのですね(笑)
数年前ダウCFDで大きく勝てた時期がありましたが、結果として揉み合いが続いた日経よりもダウが圧倒的な強さの上昇トレンドを見せたのでダウを選択するというのは正しかったものの、ダウCFDを低コストで取引できるのは当時から現在までGMOクリック証券のみでしかも店頭取引。(基本的に店頭取引は呑み形態と言われています。まあ真実は私にはわかりせんが)
自分がもし将来大きな資金を持ってもそこでトレードするか?と考えた場合、やはり歯を食いしばって日本市場を選択する必要があったということです。
一応ダウ先物というものもありますが流動性は日経225に比べたら圧倒的に低くコストも高い。くりっく株365もスプレッドが広く手数料も高いです。
将来の事も考え、メジャーで高い流動性を持ち低コストな金融商品だけでしっかりと利益を出せるようにする必要があります。
トレードの時間帯も冒頭に書いたように相場漬けにならないよう無理のない範囲でということになります。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: