*All archives* |  *Admin*

5/6 またデイトレとスイングの話
トレンドフォロァー型低勝率のスイングをやっていていいなーと感じることは、

・常に場に張り付く必要が無い
・そもそも勝率の低いシステムとわかりきっているので負けトレードが気にならない(勝つことを期待しないので期待を裏切られるという精神的ダメージが軽微)
・デイトレだと乗れずに置いて行かれるような急激な波もスイングなら事前に玉を仕込んでいることが多いのでしっかり乗れていることが多い

逆にデメリットと感じることは、
・勝率が低く収益の安定性が低いので玉数をなかなか増やせない
・1つの金融商品だけだと厳しく複数の金融商品を対象にする必要がある(去年為替をEUR/USDに絞ってモロ裏目りました。まあ日経の利益でトータルではプラスでしたが)

デイトレードをやっていていいなーと感じることは、
・枕を高くして眠れる
・ポジションを持っていない時間が多いのでオンオフがはっきりしており比較的にフラットに相場を見れる
・サインが出やすい分トレードをある程度厳選してスイングに比べると勝率を高めることができ、勝率が高い分資金が増えた場合の玉数を増やしやすい
・オーバーウィーク前提のスイングよりレバレッジをかけることができるので小さい値幅で大きな利益になり資金効率が良い(例えるならスイングで100pipsを狙わなければならなかったのが30pipsでいいってことになるのでその分チャンスは多くなります)

逆にデメリットに感じることは、
・チャートを開いて既にトレンドが始まっている場合乗れないことがある(まあ次のチャンスを待てばいいのでそこまでのデメリットではないです)
・場を見続けると冷静な判断が狂う事が多い(これは単に技術不足ですが、何年やっていてもちょっと油断すると大なり小なり余計な事をしてしまうものです)
・トレンドに乗りやすいスイングと違いポジションホールド時間が短い分、逆に焦りに繋がりやすい


私の主観で色々書いてみましたが、やはりそれぞれのいいところを組み合わせることが私に合っているなと感じます。
そもそもなぜデイトレード寄りの手法を試みることにしたのか、それは前にも書いたように“安定性をアップさせ玉数を増やしやすいトレードスタイル”に移行したかったからです。
そうするには色々試行錯誤したり検証した結果、“低勝率-ローリスクハイリターン”なスタイルから“中~高勝率-ミドルリスクミドルリターン”なスタイルに移行するのが良いなと現段階では考えています。
デイトレだからといってロスカット幅をきめ細かくして何度も入り直すより、ある程度大きく取った方がパソコンに縛られる時間も減り費用対効果も高いです。
振り落しに合う確率も減りますし。
ただし大きなトレンドに逆らわないことが必須ですので相場環境を見誤り自分の都合のよいように解釈してしまうとドツボにハマりますね。

やってみて思う事はスイングとトレード回数はあまり変わらない。下手すると少ないくらいです。
というのも緻密な対応をするデイトレは多くの金融商品を対象にするのは難しいと考えているので、多めの監視対象があるスイングより取引回数が少ないことが多いかもしれません。(現在はEUR/USDとUSD/JPYで行っています)
メインの大きい足がちゃぶついていて数日チャンスなしってことも多々あります。
そしてやっと来たチャンスが場を見ていない時で逃したりすると余計焦りに繋がるんですけどね(笑)
そういう時も焦らずいかに自分のストライクゾーン以外は手を出さないかだと思います。
低勝率スタイルはルールさえ守って出撃しまくっていればいずれプラスになるのでいい加減で案外気が楽なんですよ。負けても低レバでローリスクですし。
ですがある程度レバレッジをかけてかつ収益を安定させる手堅いトレードはプレッシャーもかかりやすいのですね。
乗り越えなければならない壁だと感じています。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
指標発表時などにスプレッドが広がりにくい。1通貨単位から売買可能でリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: