*All archives* |  *Admin*

2020年 7/18 GBP/JPY 今週の相場
先週末の記事で書いた通り今週は先週に比べたら難しい局面でした。
週初めの状況では4時間足と1時間足が逆方向を向いていました。
こういう時はどの時間軸をメインのトレンドと判断するかで買いと売りの判断が異なるので難しいのです。
結局実質レンジ相場っぽい週でした。
4時間足の調整が継続している場面。
様子見でも良かったですが水曜日に1回だけトレードしました。

GBP/JPY 日足-4時間足-1時間足-15分足
2020-0718-b.png

2020-0718-b2.png


火曜日の時点では4時間足上昇相場で最高値135.914から調整入りしている状況でした。
4時間足でも高値と安値を切り下げ下降トレンドですが価格は75MA上にありこれまでの上昇に対するフラッグ調整の可能性もあります。
しかし7/14の安値は7/3の安値を起点とした場合押しが深いです。
よってもっと以前の6/29の安値を起点と見た方が良いのかなと考えました。(この視点を火曜日に持っておけば火曜も売り場がありました。気づいたのが水曜だったので遅かった)
従って時間的にまだ調整(下落)が継続してもおかしくないと考え売り場探し。
そもそも日足や4時間足を勘案し広い視野でみると明らかに上昇が鈍い場面ですから、また日足の日柄を考えると一旦天井打ちしてもおかしくないかなと感じていました。

7/15の朝の時点ではそれまでの下落の時間を勘案すると時間的にまだ早い。
4時間足で見ると実質レンジ相場なので値幅的にも時間的にもそれなりに戻すと考えていました。
結果ロンドン時間以降に売り。
レンジ相場なので枚数少なめでの仕掛け。
後から言えることですがちょっと売るタイミングが早く含み損の時間も長かったですけどその後下落し分割で利食い。
安値更新には至らず木曜の夜に残りはトレイリングストップになりました。

…とまあ、こねくり回して考えなくてはならない相場は難しいことが多いのです。
それ以外は様子見していました。
難しいと感じたら無理してトレードする必要はありません。
ストライクゾーンのみを狙う。
裁量トレードはこれが一番難しいのですけどね。
システムトレードはシステムに忠実にマシーンのようにこなすことが大切ですが、裁量トレードは余計な事をしないことに注力しなくてはなりません。

来週も難しくなりそうですね。
4時間足が煮詰まっているのでそろそろどちらかにトレンドが発生してもおかしくありませんが…
日足を見ると139.732~131.715に孕むエリアです。
先月はわりと動いたので今月は充填期間なのでしょうか。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: