*All archives* |  *Admin*

2020年 7/25 GBP/JPY 今週の相場
今週は外出する予定があったりやはら暑い日でパソコンが火傷しそうなくらい熱くなっていて休ませていた日などもあったりで結局2トレードのみ。

GBP/JPY 日足 4時間足 1時間足 15分足
2020-0725-b1.png


まず月曜日の時点で4時間足、1時間足は完全にMA収縮の局面であり煮詰まっている状態。
トレンド判断する時間軸が綺麗なチャートで仕掛けの執行時間軸が煮詰まっている場合はレンジ内で打診仕掛けをすることもありますが、トレンド判断する時間軸そのものが煮詰まっている場合は様子見を基本としています。
結局流れは上となりました。
4時間足で6/29の安値から7/9の高値を1つの上昇の波と捉えた場合、約半値までしか押していないので強いとも解釈できますが。日足を見ると先週の記事でも描きましたが139.732~131.715に孕むエリアで上げ渋っているようにも見え強い動きには見えません。
グダグダの動きになる可能性もありよくわからなかったので初動の上昇に乗ることはできませんでした。
しかしこれで流れは上と判断できたので押し目買いの準備。

火曜日は上げ止まったのでしっかり調整入りするのを待っていて時間的にも買うのは早く見送り。

水曜日の夜は久々に友達と飲み会をする予定でした。
約1年ぶりの居酒屋です。
というわけで場は見れないけれど絶好の押し目買いの場面なので1時間足38.2%あたり、15分足で目立つ安値が被る位置に指値を入れて出かけました。
場を見れるならば半値押しに指値を入れて、もしそこまで到達せずに反発した場合成行きか逆指値の仕掛けも考えられましたが見れないので浅い位置での指値です。
結局出かけている間に約定し分割で勝手に利食い。
結果的には半値押しと1時間足75MAが重なる位置からの上昇でしたね。
MAの推移は時間の経過と値動きによるので事前にピッタリと予測できません。

木曜にトレイリングストップを引き上げ夜にはヒットして手仕舞い。

金曜は朝の時点で1時間足が崩れていましたので4時間足ベースでの調整(押し目をつけに行く場面)だと考えました。
どこまで押すのか?
調整を売りで取るのもありですが4時間足25MAに差し掛かる位置で様子見していました。
結局下落には乗れず、4時間足の調整時間もニューヨークタイムくらいにはそこそこ経過するので買いメインで考え、4時間足での61.8%押し、75MA、先週半ばの揉み合い圏の上限がだいたい重なるのでそこを押し目の限界かなと考え指値を入れておきました。
別の事をしていてあまりチャートは見ていませんでしたが23時前に気が付けば約定。
週末なので嫌な時間に約定したなーと思いましたがたまたまピンポイントで買えてすぐ上昇したので分割で利食い。
週末なので最初の利食いを多めにしました。
基本的に最初から週越え前提でポジションは持ちませんがレバの効かない範囲かつ含み益ならオーバーウィークも可と決めているのでそのままストップを直近安値に引き上げてオーバーウィークしました。

2020-0725-b2.png


ちなみに7月からこのデイトレ寄りのGBP/JPY短期売買も小額からリアルトレードで並行して行っています。
1つのパソコンの2画面でリアルトレード口座の取引ツールとMT4、2つめのパソコンの2画面でバーチャルFX取引ツールとMT4の画面を出しています。
バーチャルFXコンテストは別に続けなくても良いのですがこれはこれで面白いので力試しに挑戦し続けようと思います。
ランキングに入ると気合が入りますからね(笑)
全国の猛者達はすごいですね。
到底敵いません。
今週やっと478位に入りましたがすぐにランキング外になってしまいそうです。

2020-0725-b.png


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 4

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。
管理人使用のFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXは各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: