FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

相場において“捉われない姿勢”
トレードでは最終的に信じられるものは自分の手法のみです。
よって他人の意見や根拠のない思い込み、アノマリーなどに“捉われない姿勢”がとても大切です。

まず経済評論家などの意見など全く聞く必要はありませんね
投機であるトレードとはファンダメンタル分析ではなくテクニカル分析によって利益を出します。
経済の状況などは全て価格に織り込まれるというスタンスです。
更に経済の状況などから今後の値動きを予測するのは困難で再現性が全くありません。
だいたい評論家が株価は上がるだとかそういうことがわかっているのなら評論家は皆大金持ちでなければなりません。
評論家は後解釈で書いているだけです。
評論家やニュースなどは完全にシャットアウトすべきです。

思い込みやアノマリーも不要ですね。
不要どころか害悪に繋がりかねません。

例えば年末だから動かないだろうなと勝手に決めつけなんとなく見送る、今日は雇用統計の日でそれまで様子見ムードかなと決めつけてなんとなく見送る…そういう時にルール上大きく取れるポイントを見逃す。
自分のルールを検証した時年末だから見送る、指標発表だから見送るという条件で統計を取ったのならそれでも構わないのですが、そうでないのなら余計な思い込みに捉われてはいけません。
クリスマス(今年は土曜日でしたが)のように大きくスプレッドが広がっているのなら統計上想定された取引コストを上回っているので見送っても構いませんが、平常時は決められた時間は淡々とこなすべきです。

株式市場ではSell in Mayというアノマリーがありますが、私は一度統計を取ってみたことがあります。
しかし統計的優位性は見られませんでしたし、仮にあったとしても母集団が少なすぎて確率的な信憑性が低いでしょう。
相場には様々な格言やアノマリーがありますが、自分で統計を取り納得したこと以外には決して捉われてはなりません。

トレーダーの理想的な境地を一言で表すならば私は“明鏡止水”という言葉を選びたいですね。
もちろん私も些細な事に捉われることはありますので日々精進せねばなりません。
私の場合ニュースやアノマリーは一切遮断できているのですが、弱点はルール上ではエントリーポイントだが不安材料があったりそれまで連敗しているとポジションをやや減らして仕掛けをしてしまうという“不安”という感情への捉われですね。
確かに心理的にポジションを減らした方が仕掛けに躊躇しづらくなります。
ですがそういうことをすると期待値が歪む可能性が出てきます。(取り返そうと大きく勝負するよりはマシでしょうが)
どんな状況でも淡々と常に一定のリスクを張り続けるという事が私の一番の課題ですね。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム