FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXトレードでうまくいかない理由は恋愛でうまくいかない理由と似ている
デモトレードでは勝てているのに。
バックテストでは勝てていたのに。

リアルトレードになった途端に勝てない。
これは多くのトレーダーが通る道だと思います。

どうしてかというと、個々のトレード結果に固執している事が原因の1つに挙げられます。

自分のポジションが逆行する。
自分を否定されたと感じ、精神的苦痛を感じる。
ロスカットができず大損失、あるいはロスカットラインに到達する前に恐怖で投げて振り落とされる。
ロスカット、連敗が苦痛で仕方なく、取り返そうとポジポジ病、あるいはエントリー恐怖症になる。
デモトレードでは金銭を失う苦痛が無いためこのような事にはなりません。
しかしリアルトレードではどうにもうまくいかない。

恋愛もそうじゃないですか?
私が男性ですのでこの例えは男目線で書きますが、自分が本当に好きになった、恋してしまった子には緊張してうまく話せない。
何を話していいのかわからない。
おろおろしてしまう。
女性は一般的に精神的に余裕のある男性に魅力を感じることが多いので、緊張したりおろおろしてしまったりすると恋愛の対象にはならないケースが多いでしょう。

そんなわけで一番好きでない人との方が案外うまくいって、つきあうことになったなんてケースは多いのではないでしょうか?
自分が恋に落ちてしまった女性よりも、そこまで恋愛感情を持っていない女性の方が余裕をもって接することができますし、友達から恋人になったりといったようにです。(実は私もそうでした)

トレードに例えると、個々のトレードに固執していなければロスカットにいちいち苦痛を感じることもなく、淡々と次、次、次、とトレードをこなしていけます。
恋愛ならば女性に振られても次、次、次、と何事もなかったように次の恋愛に進むことができます(笑)

しかし固執してしまうとどうでしょう?
自分が好きで好きでたまらない人に振られてしまった場合、激しい精神的苦痛を感じ、恋愛することが恐怖となったり、自分に自信を無くしてしまったり、他に何も手がつかないほど落ち込んだり。
エントリー恐怖症になるのと変わらないのではないでしょうか?

ロスカットを苦痛と感じ、なんとか損失を避け勝てるポイントだけ絞るような手法、裁量判断の方法はないかと考えるようになりますが、それはどんな女性も必ず落とせる方法を探すのと変わりません。
そんなことは不可能ですからね。


相場は確率で考えるゲームですが、日常的にこの“確率で考える”という習慣が普通の人は持ち合わせていないというのもトレードが難しい原因の1つです。
個々のトレードに一切固執せず、大数の法則が機能するほど試行回数をこなした上で初めて結果が出るというのがトレードのセオリーなのに、大抵の人は3連敗4連敗するだけでこの手法は使えねーと判断し新しい手法を求めたりします。
大数の法則を機能させていないのにそのような判断をすること自体、確率というものをわかっていないということになります。

この非日常的な思考に至ることは難しいのですが、男性が女心を理解するのと同じくらい難しいかもしれません(笑)
例えば男は話上手な方がモテそうだと考えることが多いと思います。
しかし実際は聞き上手な男性の方がモテることが多いのです。
女性(男性もそうかもしれませんが)は相手から面白い話を聞くよりも自分の話を聞いて欲しいと感じることが多いからでしょう。
それを理解せず、自分の武勇伝を語り続ける男は女性に引かれてしまいますね(笑)
これは救いようのないケースだったりします(失笑)

また、女性が悩み事を相談したり愚痴をこぼしたりした時は、それに対する共感を得たいことが多いのですよ。
なのに男がそれを共感無しにいきなり具体的なアドバイスで返してしまうと「なによ!私が悪いっていうの!?」という心理になり女性に反感を持たれてしまう事があるのです。

このような男女の差異を真に理解することは難しいです。
話が少し脱線してしまいましたが、日常生活の習慣と相場という非日常の世界での常識は全く異なるのです。
男が女心を真に理解することは一生無理かもしれません。(私は無理です 笑)
しかしとりあえず“こういうものだ”と頭に入れておくことは可能です。
仲良くなりたい女性がいるのなら自分の話にはとりあえず蓋をして、相手が興味あることを聞いてあげよう。
もし悩みや愚痴をこぼしたら共感してあげよう。
女心を真に理解していなくても、頭に入れていくことで対応が可能です。(打算的に)
トレードも確率で考えるという事は“こういうものだ”と頭に入れておき、工夫や対処することは可能なのです。

最低でも300回トレードをこなすまでは途中の収益は一切気にしないようにしよう。(ただし長期間で期待値がプラスのシステムを作ったうえでですよ!)
どうしても気にしてしまうなら収益は一切記録せずpipsだけ記録しよう。
ポジション保有中の含み益含み損は見ないようトレードツールをレイアウトしよう。
300回トレードをこなしてからはじめてエクセルに記入しようなど、工夫することができます。

淡々とトレードをこなす習慣が根付くと僅かな回数のトレードで負けるたびにもっと良い手法は他に無いかとノウハウジプシーになることもなくなります。
負けを取り返そうと大きく勝負したり、エントリー恐怖症になったりすることも徐々に減っていくことでしょう。
人間はそもそも本能的に相場に向いていないようにできていますが、相場における正しい思考を頭に置いたうえで本能に反する行動を少しずつ刷り込んでいくうちに、徐々に正しい行動ができるようになってきます。
しかし油断すると元に戻ってしまうことも多々あるのですね。
経験を積むごとにやらかす頻度も減っていきますが、それでもやらかすことをゼロにすることは難しいのです。
そんな時は思い出す。
個々のトレード結果に落ち込んだり悔しいと感じている姿は、大好きな人に振られて落ち込んで何も出来なくなったり自信をなくしてしまっている姿と同じだ。
もっと言うと、武勇伝をやたら語って女性に引かれるみっともない姿と変わらない。
そう考えれば「なんてバカなことやってるんだ!」と自分を客観的に見れたりしませんかね??

例えば自分が恋に落ちてしまった人がいて、何をするにもその人の事が頭から離れない状態になってしまったとします。
しかしそんな状況においても「まあ恋なんてどうせいつか冷めるんだし…永遠の恋なんて無いし…」と自身を客観的に見て我に返ることができる。
トレーダーはそういうタイプの人間が正しい行動を継続することができるのです。
人としては“冷めている”と思われるかもしれません。
振られても何事もなかったかのように次、次、次、と女性を落とそうとしていると人間性を疑われるかもしれません。
しかし勝ちたければ、相場に参加している時だけでも「非人間であれ」ということになりますね。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム