FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXトレード中の体感時間
昨日(2022年2月8日)15時過ぎにGBP/JPYでデイトレの買いを仕掛けたのですがその後の動きが酷かったですね~。
チャートも載せてみます。

GBP/JPY 15分足 (矢印の上、ピンクの丸の部分で買い)
2022-0209-b.png

ポジションの3割を+15pipsに指値していたのですが最初は含み益+14.3pipsまででぎりぎり届かず逆行し含み損。
ポジションの3割を+15pipsで利食い出来れば残りはロスカットでも微損で済むので精神的には楽になるのですがそうもいかず。
ルール上引き上げていたトレイリングストップ(この場合はロスカット)の価格にあと0.4pipsのところまで来たのですが切り返しました。

切り返し反発したので今度は最初の利食いまで届くか?と思えば再び逆行し含み損。
殺るならいっそのこと早く殺れや……。と言いたくなるじれったい動き。
ポジション保有後ルール上ストップは15分ごとに引き上げる可能性が出てくるのでPCから15分以上離れるわけにもいかない。
実にイラつく展開ですね(笑)
結局最初の利食いまで3時間もかかりました。スイングかよ…。
(しかも結局その後トントンくらいの位置でトレイリングストップになり落とされた後上昇しました)

とまあこんなことは割と日常茶飯事なのですが、言いたいことは検証時とリアルトレードの体感時間の差。
システムを検証する時はこのようなじれったい値動きは何食わぬ顔で通過しているのですよ。
昨日の動きを更に5分足にしてみましょうか。
この揉み合いを何時間もポジションを持っているという精神的苦痛を検証時には全く感じないのです。

GBP/JPY 5分足
2022-0209-b2.png

実際、リアルトレード中にはとにかく感情を揺さぶる動きをしてくるのがトレードというものなのです。
そしてつい余計な事をやってしまうのですよ。

一番多いのは楽になりたくてポジションを全部、あるいは半分とかをトントンか微損とかで投げてしまうということですね。
チキン利食いならぬチキン損切りで、これは立派なルール違反なのです。
いや、タイムストップという手仕舞い方もあるので否定はしませんよ。
でもそれを行うのなら同じ条件でタイムストップした場合に期待値にどういう影響を及ぼすかという統計を把握したうえで実行する必要があるのです。
私の場合移動平均を使ったトレイリングストップの引き上げ(売りの場合は引き下げ)は使うのですが、それはそれをやった方が期待値が圧倒的に上がることを理解しているからなのですね。
統計を取らずに精神的に楽になりたいというその場の感情や思い付きで手仕舞いするのはルール違反となりますね。
もちろんおなじみのチキン利食いもダメです。
ルールに沿った利食いをせねばコツコツドカンとまではいかなくても永遠にコツコツ勝ち負けを繰り返しトントンになりますからね。

体感時間の差によって生じる感情の揺れ動きは必ず想定しておかなければなりません。
私も何万回反省したかわかりません。
結局余計な裁量を加えずルール通りに手仕舞いしておけば断然結果は良かったのにという事ばかりでした。
相場の値動きに応じて臨機応変な対応やうまい手仕舞いをしようと思っても結局裏目るのです。
だから自分の信じるルール通り…ということになりますね。

うまい判断をしようとすると、
「あと一歩で利食いだったのに損切りになってしまった。やはり含み益の時少しでも利食いしておくべきだった」
「時間がかかったので我慢できなくなり一旦ポジションを決済した途端思っていた方向にぶっ飛んだ。我慢して保持すべきだった」

もっと酷いのになると「仕掛けたら秒でロスカットになった。そもそも●●という不安材料もあったので見送るべきだった」
…というように結果論による反省を繰り返すこととなります。
「なんとなく嫌だったので見送ったらやっぱりロスカットになる場面だったので命拾いした」なんてのもその場は得したように見えても長期の期待値的には損する行為となります。
このような結果論による反省や振り返りは暗に“未来予知能力を身に着ける事!”を目標にしてしまうのと同じとなってしまい、トレーダーの成長を妨げるどころか気が付けば聖杯探しという無限ループに陥る危険な行動となります。(過去の記事も参照)

よって、くどいようですが結局のところルール、統計に従えということになりますね。
反省すべきことはルールに従えなかったこと。
ロスカットになったから反省するのではありません。
相場日誌には感情の動きによって生じた行動は必ずメモし、自分の弱点を把握しましょう。
ルール通りロスカットになったトレードは大成功です。
それは反省する必要はありません。

ポジションを保有し続ける精神的苦痛で余計な判断を交えないようにしましょう。
何食わぬ顔で淡々とこなした検証時の通りに保有、手仕舞いをするのです。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム