FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

うまいトレードをしたい”という願望と幻想がFXで勝てない原因
私が昔トレードで勝てず苦しんでいたのは “うまいトレードをしたい”という願望が根底にあったからです。

勝てているトレーダーはエントリーポイントの精度が高いので勝率が高く、損小利大で、ロスカットになりそうなトレードは首尾よく良い位置で撤退し、利食いも適切な位置で上手で、週単位で必ずプラスである。…このような幻想を抱いてしまっていたのが原因です。

このようなトレーダーはいるのでしょうか?
売買譜で他人のこのような凄腕のトレード内容を見たことはあったのですが、それは文面だけの話であって実際の成績は証明されたものではありませんでした。
今思えばそんな内容を見てしまったがゆえに“うまいトレードをしたい”という願望を抱いてしまったのでしょう。
しかし私はそのような凄腕のトレード内容は大なり小なり盛った内容だと考えます。
真実はわかりませんが、少なくとも再現性はまるで無いものだと断定した方が今後の成長のスピードは遥かに上がると考えます。
と言うより途方もなく長い周り道をせずに済みます。

まず勝率を高めようとするならば必然的に利食い幅は小さく、損切り幅は大きめにという設定となります。
これはもはや自然の摂理…いや、相場の摂理です。
しかし“うまいトレード”をしようとした私は勝率が高く、かつ損小利大を狙いに行こうとしていました。

となるとまずは“損切りになる場面を見送るスキル”が必要となります。
明らかにトレンドがはっきりしない場面はともかく、通常時の場面でこのような取捨選択をしようとすると、同時に勝つトレードも見逃すこととなります。

また、“損失を最小限に食い止める手仕舞い”も必要になってきます。
例えばエントリー後思った方向に行かなければ途中撤退するとか、玉の一部を薄利で手仕舞いしたりして残りが損切りになっても損失を最小限にするというようにです。
しかし私はこのようなことをすればするほど取れたはずの利益も逃し、大負けはしないもののジリ貧の状態をずっと繰り返すこととなりました、
そもそも先の“損切りになる場面を見送るスキル”は全然身につきませんでしたし。
チャート分析の精度はどんどん上がっても肝心のトレードの精度はちっとも向上しませんでした(笑)
むしろまだ怖いもの知らずの初心者の頃の方がよほど思い切りのよいトレードが出来ていてその時より勝てているくらいでした。

結果的に裏目が続き、“勝つときはちょびっと”、“勝てたはずのトレードも見逃す”、といった内容になりました。
これらは“損切りになるトレードを避ける”以上のデメリットであったことに気づきませんでした。
更にトレードを絞ろうとするあまり試行回数は激減。
挙句の果てにはどこもエントリーできなくなったのです。

必死に過去のチャートを1日ごとに全て印刷し、利益になるポイントの共通点などはないかと検証しました。
クソ真面目な検証をしていたつもりが、今思えば無意味な検証で大馬鹿者もいいところです。
どんなに目を凝らしたところで所詮未来の事などわからないのです。
未来予知能力でもない限り結局裏目り、そして自分を責め意味のない反省を繰り返し、どんどんトレードがおかしくなっていくのです。
“トレードに確実を求める”ようになると末期患者です。

全ては“うまいトレードをしたい”という願望、“勝っているトレーダーはうまいトレードをしている”という幻想がこのような症状を巻き起こしました。
“うまいトレード”は本当に魅惑的です。
勝率が高く、かつ負ける時も小さいなんて状態ならば毎回のトレードが楽しくウキウキしてしまいそうです。
毎週プラスならどんどん玉を大きくできるのであっという間に大金持ちです。

……ですが、それは幻想です…。

こんなのを目指しても膨大な時間を無駄にしてしまう。
これが現実でした。
まず他人の裁量トレードの売買譜を真に受けない事。
自分の検証したデータのみを信じる事。
未来予知など不可能であること。

これらを肝に銘じておくべきです。
特に初心者の頃は簡単にネットや書籍などの情報を信じ「こんなに儲かるものなのか」と思い込んでしまいます。
売買譜なんて捏造できますし、売買履歴の画像も同じ業者の口座を2つ所持し、買いと売りをそれぞれ両建てで行えば物凄く勝っていると見せかける事も可能です。
勝率70%を謳う裁量手法もシステムとして検証したら30%程度で期待値も大幅マイナスなんてこともありました。
“うまい判断をする”こと前提なのですね。まあ本人がそれをやっているかは知りませんが。
とにかく美味しそうな情報を信用しない事。
うまいトレードを目指そうとすれば抜け出せない迷路に永遠に彷徨う事となります。
下手でもいいんですよ。再現性があり、結果的に口座残高が増えれば。
トレードに心地よさなど求めない事です。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム