FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXの売買では毎回スリッページを記録する
ルールの検証時ではわからない隠れコスト。
それはスリッページです。

一般的には成行注文や逆指値注文において、指定したレートより乖離したレートで約定してしまう時の損失となります。
成行注文とはいくらでも構わないから約定させてほしいという注文ですし、逆指値注文はレートが〇〇〇になった瞬間に成行注文という注文形式なのでレートが乖離してしまう事は仕方ないですね。
損切りは逆指値で確実に執行させなければなりませんのでスリッページは避けて通れないものです。

昔日経225先物miniを取引していた頃はスリッページはほぼ起こらないに等しかった(むしろ稀に5円有利な価格で損切りされてラッキーなこともある 笑)のですが、FX、CFD、個別株では頻繁にスリッページが発生しますね。
特にFXやCFDは業者によってスリッページが異なってくるので、これは記録をつけるしかありません。(個別株や先物はどの証券会社で取引しても変わらず平等です)

リアルトレードでは取引するたびにどれだけスリッページが発生したか記録しておきましょう。
積もると結構な額になっていることもあります。

私が現在利用している外為どっとコムでは実際に約定した価格と本来指定したレートが両方取引の履歴で閲覧できますので便利です。

外為どっとコムのツールの取引履歴
(※ここでは新規注文に絞り込みを入れています。ちなみにヒロセ通商とJFXも同じシステムです)

2022-0219-b.png

黄色い枠で囲ってある部分は約定価格と指定レートが異なっていますのでスリッページが発生したことになります。
私の場合通常は分割で4単元程度に分けて注文を出しますのでいくつか約定日時が被っていますが悪しからず。
新規注文はほぼ逆指値なので、新規注文、損切り、トレイリングストップは全てスリッページが発生する可能性があります。(指値の利食いのみスリッページが発生しない)

ちなみに2022年に入ってから外為どっとコムの新規約定の平均スリッページは約0.15pips(GBP/JPYのトレード回数は2月18日までで71回)です。
決済は分割で返済するため計算が細かくなるので省いていますが、だいだい同程度かかっているでしょう。
平均すると僅かですがトレード回数が積もり重なってくると結構な額になると思います。
こればかりは自分の取引するFX業者で記録せねばわからないことですのでしっかりと記録しましょう。
記録したところで未来の事がわかるわけではありませんが、隠れコストがどれだけかかっているか把握できます。

隠れコストを少しでもカバーする方法は、約定した価格ベースで利食い幅を設定するというものがあります。
私の場合ポジションを3割ずつ15pips、45pips、75pips、残り1割をトレイリングストップというように発注することが多いのですが、例えば156.000で約定した場合最初の利食い価格は156.150となります。
しかしスリッページが発生し156.010で約定した場合、最初の3割の利食い価格を156.160にするというものですね。

このやり方のデメリットは利食い価格を引き上げたばかりに僅かに利食いに届かず、損切りになった場合の損失額が引き上げなかった場合に比べ大きくなるというものです。

私の場合は統計上はスリッページなしで約定した場合の期待値を算出しています。
利食いを1pips引き上げたばかりにイグジットの損益が大きく変わるというのは避けたいので、例えばスリッページが1pips発生した場合は素直に当初の利食い価格から1pips減らして+14pipsに指値を出すことにしています。
しかし含み益が45pipsあたりに到達した場合は勢いがあるということですし、その頃にはトレイリングストップも引き上がっており損益のプラスが確定していることが多いです。
なので基本的に残りの+45pipsと+75pipsはスリッページ分減らすことなく+45pips、+75pipsに指すようにしています。

これは決めてしまえば自分の好みで良いと思います。
結局検証によるシミュレーションとリアルトレードは何かしら差が出るものなのでそういうものだと割り切るしかありません。
完璧を求めない事です。
ただ隠れコストがどれだけかかっているかは頭の片隅に置いておくためにも記録しておいた方が良いでしょう。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム