FXトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけトレードの本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
トレードが死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が180度変わるかもしれません。
ある程度トレードの勉強をすれば“相場で退場するレベル”から“相場で生き残るレベル”に到達することは容易い。
しかしそこから“相場で金を増やすレベル”に到達することは限りなく遠い道です。
このブログでは筆者が“生き残るレベル”から“金を増やすレベル”に至るまでに散々苦しんだ体験談を元に、綺麗事を抜きにしてトレードで金を増やす為の本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXで値動きの予測はできない。頼れるのは統計のデータのみ
FXについて為になりそうな動画があったよと親からメールが来たのですが、「短期の為替予測は無理!アメリカがインフレでも円高にならない理由とは?」というタイトルだったので当然見るわけもありません。
そもそも素人は何が参考になるのか参考にならないのか正確に判断できるわけもありません。
というかYouTubeにトレードで勝てるようになる為に参考になる動画ってあるんでしょうか?
最低限の基礎知識を得られるだけでしょう。
もしくは“知識は身についても肝心の勝ち方がわからない”内容が氾濫していると思います。
再生数を稼ぐために高勝率だとか上っ面の良いことを飾ったものには注意が必要でしょう。

ブログもそうです。
検索の上位にヒットするようなブログは当たり障りのない内容や美味しい事しか言っていないようなものが多く、ちょっとマイナーなブログにキラリと光る良い内容があったりするものです。
少なくともYouTubeやブログを参考にしようと考えている時点でリアルトレードをする資格はありませんので、そういう段階ならばデモトレに徹するべきだと考えます。
車で言えばまだ教習所内のコースしか走れない状況ですので、そういう段階でリアルトレードを開始すると破産まっしぐらです。
私のブログも例外ではありませんよ。
それについてはこの記事にも書いてあります。

ただ誤解してほしくないのは、FXは破産確率がゼロに等しい状況で、大量の試行回数をこなした上でトータルで勝ちさえすればどんなやり方も正解です。
他者の儲け方のスタンスを否定する気は一切ありません。
要するに土俵が全く違うのですね。
その上での私のスタンスを今回の記事で書いてみます。


まず私は為替や株価の値動きを一切予測しようとしません。
経済の状況などファンダメンタルも一切考えていません。
というか、ちんぷんかんぷんです。
金利だとかインフレだとか各国中央銀行の動向なども何も考えていません。
なぜならば「事象は全て価格に織り込まれる」というスタンスだからです。
複雑でごちゃごちゃして難しいことは全部価格に表されるのだから複雑に難しく考える必要はないということですね。

ファンダメンタルが読めればFXで勝てるのでしょうか?
もしそうならば経済評論家や経済学者などは皆FXで大勝し大金持ちになっていないとおかしいはずです。
ですが経済の事がわかっていれば勝てるなんてことはありません。
いくら頭が良くても勝てるとは限りません。

とにかく優先されるのは“価格の動き”
市場、値動きこそ全て正しい。
ファンダメンタルの要素も全て価格に織り込まれます。
指標発表や株の決算発表などの結果が良くても価格が上がるとは限りませんね。
なぜならば事前に結果が価格に織り込まれている場合があるからです。
ファンダメンタルで毎回価格を予測することなど不可能ですし、複雑すぎて再現性が無いのです。

というように私はファンダメンタル一切無視のトレーダーであり、為替のニュースは一切見ることはありません。
ニュースは見ない。シャットアウトする。これは私の厳格なルールでもあります。
何かやばいことがあればすぐ価格は大きく反応しますから見る必要はありません。

じゃあ「ジョニーはバリバリのテクニカル派のトレーダーなんだな」と思われるかもしれませんが、それも微妙なところです。
なぜならばテクニカル指標は価格によって後付けされたパラメーターに過ぎませんので未来を予測できる代物ではないからです。
テクニカルを使って値動きを予測しようなど、まるで信頼できません。
あくまで現在はこういう状況だよという事が把握できるだけです。

私が何を基にトレードをするかというと、それは統計の結果だけです。
ただ何を指針に統計を取ればよいかという材料にテクニカル指標を使うだけです
どういう状況の時にどういう条件で仕掛けをすれば、大数の法則が働いたときに期待値がこれくらいであるという統計のデータを基にトレードするのです。

こういう話をすると「期待値がプラスのルール?そんなのあったら皆大金持ちだよ。そんな聖杯のようなものなんてあるはずがない」という声が聞こえそうですが、じゃあ相場の参加者の9割以上が損する結果となるのはどう説明できるでしょうか?
参加者の9割以上は期待値がマイナスのトレードをきっちりこなしているのですよ(笑)
じゃあその逆のやり方をルールに組み込んでやれば良いという事ですね。

相場で退場するトレーダーの原因は大抵の場合コツコツドカンです。
これの逆をしてやれば気が付いたら利益が残っているという状況が生まれます。
当然不遇の時期はありますし、そういう時期はただ金をドブに捨てている気にしかなりません。
あまりの精神的苦痛に大抵の人は“もっと勝率が高く心地よい手法はないものか?”と投げ出してしまい、聖杯探しの無限ループに嵌ります。
しかしきっちりやり続けると全然勝っている気がしないのに口座残高は増えている。
こういう状況となります。

もちろん期待値がプラスと言っても、あくまで統計を取った時期で機能しただけであって未来永劫機能することを約束するものではありません。
しかし大衆心理は株式市場、為替市場が始まった時から本質は変わらないという歴史がありますので、今後もそれが継続することに賭けてリスクを取るという事になります。
これが私のトレードにおけるスタンスとなります。
当然これが絶対的に正しいと断定するつもりはありません。
私はこのスタンスでしか勝てる術を見つけれられなかっただけであり、人によって合う合わないもあると思います。
よって最初に述べたように“破産確率がゼロに等しい状況で、大量の試行回数をこなした上でトータルで勝ちさえすればどんなやり方も正解”です。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム