FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXトレードでシステム通りの結果にならない理由
FXトレードを執行する際において目指すことはシステム通りの結果を出せるようにすること。
これに尽きます。

参考記事:FXでリアルトレードをしながらシステム通りの記録をつける

今までは移動平均がどこだの、フィボナッチがどのへんだの散々考えに考え、押し目、戻し地点を正確に狙いたいと考えていましたが、今ではそんなことは一切考えていません。
システムのサインが出たら仕掛ける。それだけです。
というのも、散々考えに考えたトレード結果よりも機械的にシステム通りにやった方が収益は天と地との差があると身に染みたからです。
10年もトレードをやっているのになんて下手クソなんだと自分でも思いますね。
なので値動きの先を読むのは諦めたわけです。

ですが、実際にシステム通りの結果になるかと言うとそうではありません。
様々な障壁があるのです。


1つめはスリッページ

新規の注文に逆指値をする場合やロスカットする場合はどうしてもスリッページが発生します。
これが塵も積もると大きいわけです。
対策としてはシステムを作成する段階でスリッページを考慮した結果にするということが挙げられます。
システムの毎回のトレードで1pipsマイナスにしておくなどすればスリッページがある程度反映された結果になります。
以下の記事も参考にしてみてください。

参考記事:FXの売買では毎回スリッページを記録する


2つめはルール違反

システムのエントリーサインが出たのに相場観で「ここは勝てなさそうだな」と感じて見送ってしまう。
損失を出すことを恐れているトレーダーに発生する病です。
利益は欲しいが損は出したくないというのはムシのいい話です。
サインが出ているのに見送るのは立派なルール違反です。
結果機会損失などで収益は変わってしまいますからね。

また、利食い価格に届いていないのに「ダメそうだな」と感じて途中で逃げてしまう。
利食い価格に届いたのに欲張って引っ張る。
これらもルール違反ですね。
対策は以下の記事を参考にしてみてください。

参考記事:FXでエントリー恐怖症、参考記事:イップスを克服するには??

参考記事:FXで不安材料のないエントリーポイントは無い

参考記事:損切りによる損失をラーメン屋の麺やチャーシュー仕入れ代金と考える

参考記事:FXの利食いはとっても簡単!


3つめはトレードツールなどの通信切れ

いざエントリーの為の注文入力!…というタイミングでツールの通信が切れる…
FXあるあるですね(笑)
私も今年1回エントリー直前に切れることがありました。(運よくエントリーは逃しませんでしたが)
再ログインしてもそういう時に限って時間がかかる。
モタモタしてるとチャンスを逃してしまいます。

事故のようなものですが、出来る事なら無い方がいいですね。
ですがネット環境は個人の力では限界がありますので、スマホでもいつでも発注できるようアプリを入れておくことや、別のFX業者にも入金しておくなどで対策しておきましょう。


4 値動きが早くて手動で注文が間に合わない

主に指標発表でこういう事が起きます。
指標発表時刻は予めチェックし、直前はスプレッドが開き値動きが荒れるかもしれないという事を意識しておきましょう。
それでも間に合わなければ仕方ありません。
ちなみに私は雇用統計とBOE政策金利の時間だけはエントリーを見送っています。
人間の反応では間に合いませんので。
システムでも過去の雇用統計とBOEの箇所は削除したデータを出しています。
それ以外の指標発表は過去の膨大な量の時刻を調べるのが恐ろしく面倒なので構わずエントリーすることにしています。


5 場を見ていられない時の機会損失

これが個人的に一番の悩みどころです(笑)

娘の幼稚園の卒園式。
引っ越しでネット環境が整っていない時。
娘の小学校の入学式。
息子の幼稚園の遠足。

なんで行事の時に限って儲かるポイントが来るんだーー!!??

私のシステムは7割が損失、1割が微益、2割が大勝ちなんですよ。
だからたった2~3割の勝ちポイントがよりによってその時に来なくてもいいじゃないか!!
どうせなら連敗の時が来たっていいじゃないか!!

余談ですが、7月後半に一家全員コロナ陽性になってしまったのですが、場を見られる時は絶対にトレードする気概ですのでその時39度以上の熱で私は死に物狂いでトレードしていましたからね。
ですがその時は一切勝てるポイントに巡り合いませんでした(笑)

まあ世の中そんなもんです。
うまくいかないものですね。
相場の世界は常に不条理が襲ってくるものだと思っておいていいです。
実際今年は機会損失だけでシステムと10%以上差をつけられてしまっています。
さすがに怖くて見送ったり利食いを変更したりするようなミスはやりませんが。
場を見られないというリスクはどうしても回避できないので、せめて場を見られる時はしっかり集中して機会損失を出さないようにしましょう。
関連記事


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人使用中のお勧めFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。メインの口座として使っています。

↓ 口座開設はこちらから ↓

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム