FX、先物、オプション、株式、商品等のトレードで、なぜ他人のやり方を真似しようと勉強しても全く勝てないのか?
どれだけ相場の本を読んで研究しても勝てるようにならないのか?
相場が死ぬほど難しいゲームと感じるのか?
私の散々苦しんだ体験談を元にこれらを脱却するきっかけとなった内容をブログに書いています。
まずとにかく読んでみてください。
あなたのトレードに対する考え方が変わるかもしれません。
詐欺まがいの投資情報が大量に溢れる中、綺麗事を抜きにしてトレードで勝つための本質を書いています。
資金管理はバッチリ!相場の基礎知識もある!そこそこ経験がある!…なのに勝てない…という方必見です。
ブログ左側に記事の一覧がありますのでご覧ください。

詳細なプロフィールはこちら

*All archives* |  *Admin*

FXは勝率が大事なのか??
私がFXで勝てるようになった理由は2つ。

・期待値がプラスのシステムを作った事。

・そのシステムに従い続ける事ができるようになった事。


ここに至るまでに最大の障壁だったのが“勝率が高くなければならない”という思い込みです。

システムトレード的には勝率が高いほど得られる平均利益は低く平均損失は大きくなります。
コツコツドカンでも期待値がプラスで資金管理をしっかりしていれば問題はありません。
しかし私はチャート分析力を上げ、相場観を鍛え、裁量判断の力で高い勝率に持っていこうとしていました。
これが大きな間違いだったのです。

裁量判断でトレードを極限まで絞ろうとすることによって結果勝ちも逃すこととなります。
また、損失を極限まで排除しようとしてエントリー後ちょっとでも逆行するとタイムストップで玉を減らしたりもしていました。
こうすることを繰り返すうちに、“大きく負けることもないが大きく勝つこともできずジリ貧の状態がずっと続く”という悪循環に陥ったのです。

ネットや書籍などで凄腕のトレーダーの売買譜(勝率が高くリスクリワードも大きい!)を見ていつか自分もそのような売買をできるようにしたいと思っていたのが大いなる勘違いでした。
今思えばその売買譜は約定履歴は無く文面だけだったので信憑性は低く、恐らく損失を適度に削除しているものだったとしか思えません。
仮に約定履歴があったとしても画像はいくらでも改ざんできます。
何年も週単位のマイナスが一度もないなんて不可能だと思いますので信じた私が馬鹿でした。
あまりにも凄腕のトレードの結果は実際隣で見ることでしか信頼できませんので肝に銘じましょう。

どれだけ努力しても一向にそんな凄腕のトレードができる気がしなかったので、崖っぷちに追い込まれた私がとった手段は低勝率の損小利大手法。
そして自分の裁量判断は全く当てにできないと悟り、システム寄りのトレードへの移行。

追い詰められた私は愚直にシステムに従い続けました。
負けてばかりで酷いトレードばかり。
今までうまいトレードを目指していた自分では考えられないアホなトレードばかり。
しかし、数をこなすと不思議と口座残高は増えている。
今まで何をやっていたのだろうと呆れました。
ちなみに勝った実感は全くありません。
1回1回のトレードの価値は薄くなり、個々の勝敗に一喜一憂することもなくなりました。
マシーンのように淡々とルールに従うのみです。

例えば今月(2022年4月)の今のところの損益(GBP/JPYデイトレ)を見てみましょうか。

2022-0427-b.png

黄色の部分は勝ちトレード、オレンジの部分は負けトレードなのでかなりズタボロに負けていますね(笑)
勝率は39%程度です。
4連敗が3回もあります。
しかし一応利益は総資金に対し+6.88%程度になっています。(4月序盤は引っ越したばかりでネット環境が整っておらずスマホから発注していたのですが、取りこぼしもあったのでシステム上はもう少し高い利益になっています)
今月はボラティリティが高く順張りに適した相場環境ですのでこれでも勝率はやや高い方です。

トレードの目的は利益を出すことのみであり、凄腕を他人に自慢することではありません。
うまいトレードを目指していつまでも勝てないよりは下手でもいいから利益の残るトレードをした方が良いに決まっています。
昔の私のように勝てないと悩み続けているのならば思い込みや固定観念を取っ払って発想を転換させる必要があります。
“勝率が高い方がいいに決まっている”……本当にそうなのか?
疑問を持つことです。

低勝率で勝てるようになった後も、一時私は勝率が高い方が玉を増やすスピードが上がるのでは?と考えていた時期もありました。
しかし勝率が高い分損失も大きくなるので資金管理的にアグレッシブにポジションを持つことは出来ず、結果低勝率で利益を大きく持っていく方が理に適っているというのが現在の考えです。


スポンサーリンク

誤発注
コロナ給付金で、山口県阿武町が1人あたりに10万円を給付するところを、誤って1人の町民に4630万円を振り込んでしまったというニュースを見たのですが、すぐさま過去にみずほ証券の担当者がジェイコム株で「61万円1株売り」とすべき注文を「1円61万株売り」と誤って入力してしまった事件を思い出しました。
BNFさんが一躍有名になったジェイコム株事件ですね。

山口県の話は全くもってとんでもない話ですが、どんな分野であれ人間である以上間違いを100%避けることはできません。
私たちトレーダーも手入力でトレードする場合は誤発注を完全にゼロにすることはできません。
買いと売りを間違って発注し、約定後に気が付いたことも私は過去に1度だけあります。
テクニカルのパラメータを勘違いして本来ならばシステム上エントリーしない場面でエントリーしてしまったことも年に2~3回程度あります。

トレードは大金を扱う場ですので、ほんの些細なミスが大きな損失を出すこともあります。
一番やってはいけないのが損切りの逆指値を出していないというミスです。
私の場合IFDO注文で発注しているので新規約定後即座に損切り注文も自動で同時に発注されるので安全なのですが、他の注文を取り消すときに間違って損切りの注文も一斉に取り消してしまうという事故はたまにあります。
私の場合ポジション一覧で決済ストップ価格が表示されるので、万一そうなっても注意すればすぐに気づくことができるのですが、気づかなかったら怖いですね。

誤発注をゼロにすることは不可能ですが、限りなくゼロに近づけるためにも見やすいトレードツールを使うなど工夫できるところはやっていきましょう。
過去に自分はどんな誤発注が多かったのか?
もし誤発注してしまったら必ず日誌に記録しておきましょう。
それによって対策を練ることができます。


スポンサーリンク

株やFXで長期投資は堅実?デイトレードは博打?
よくデイトレードは博打で長期投資が堅実だという意見があります。
私が株を始めたばかりの頃に買った入門書にもそのような事が書かれていました。

しかしこれは間違っています。
長期投資こそ大博打です。

長期投資は試行回数が殆どありません。
例えば10年後を見越してポジションをホールドするとします。
10年後上がっているか下がっているか、この結果のみに依存します。
10年もの歳月をかけて、たった1回の結果に依存する。
これが博打以外の何だと言うのでしょうか?

デイトレードは非常に数多くの取引をこなします。
よって大数の法則で確率に収束しやすいのです。
もちろんルールの期待値がマイナスならば資金はあっという間に無くなりますので博打どころか浪費となります。
しかしルールの期待値がプラスならば数多くの取引をこなせば口座残高は増えています。

デイトレードのデメリットは取引コストがかさむことですが、現在はスプレッド、手数料等のコストは非常に安くなっています。
もちろん積もればバカになりませんが、少なくともパチンコや競馬よりはずっとずっとずっと安いことは間違いありません。
トレードは還元率が高いギャンブルなのです。

長期投資は儲けるという意図ではなく、資産の一部を別の形(外貨、株式、不動産など)で保持し、リスクヘッジという目的で行うのが良いでしょう。
既に億単位の莫大な資産を築き上げた者がやるのは良いと思うのですが、私のような弱小トレーダーには縁の無い話というわけです(笑)
少ない資金で行う長期投資の旨味は殆ど無いでしょう。

たまに友人から投資の相談を受けることがありますが、長期投資であろうとデイトレードであろうと大抵の場合私は「やらないほうがいいよ」と答えています。
先述したように少ない資金で行う長期投資は旨味が少ないですし、デイトレードは技術の習得に莫大な時間と授業料を要するからです。
全ての情熱と途方もない努力を注ぐ覚悟がない限りデイトレードはやるべきではありません。
それでもどうしてもやりたいなら積み立てで米国株のETFを買い付けるのが良いと答えています。
米国株は長期で見ると右肩上がりなので、少なくとも軽はずみにデイトレードやスイングトレードを始めるよりは勝算は高いからです。
しかしそれはあくまでこれまでの話に過ぎず、今後の事などわからないので博打であることには変わりません。

博打という響きはどうしても負のイメージがあると思いますが、そもそもどんなビジネスも博打要素を孕んでいます。
例えばラーメン屋を開業することだって博打です。
時の運が必要な事もあります。
その博打の中に、いかに戦略を可能な限り取り込むかが重要ですね。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
裁量トレード手法解説
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。トレードにおいて私が唯一お勧めできる商品です。相場の最大の教科書は過去の値動きと自分の売買記録。商材やトレード本にいくらお金をつぎ込んでも決して勝てるようにはなりません。
管理人おすすめのFX業者
●SBIFXトレード
1通貨単位から売買可能できめ細かなリスク調整ができリアルトレード開始するにはもってこい。スイスショックの時もレート配信を継続していた実績。公正な取引である株式や日経先物と違いFXはくりっく365を除き各業者ごとに配信されるレートが異なります。万一のリスクに備え出来る限り安定したレートを提供する業者を選択する事は重要です。スイング用の口座として使っています。

SBI FX
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
最新記事
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

リンク
検索フォーム