*All archives* |  *Admin*

1/15 オプション
本日は1時間足の調整の日という事で一服です。
オプションをロングしている場合こういう局面はIVの低下やタイムディケイでプレミアムがごっそり剥げることが多々あります。
基本的にロングは時間を敵に回しており不利なのです。
しかし強いトレンドが発生した時のリターンが非常に大きいので損小利大の典型となります。
ロングとショートはそれぞれメリットデメリットがあるので局面に応じて使い分けています。
どちらかに限定するというのは例えば先物を買いしかしないというようなハンデを背負うようなものですね。

とは言え統計的にもロングはとにかく不利ですので早めにコスト回収する必要があります。
例えば30円のコールを2枚買ったとしたら、1枚を60円で利確できれば残りはどれだけ日経平均が暴落しようが損失は手数料のみに限定されます。
現実的にはコールが倍額になるのは早めに結構強い動きがこないと厳しいので1.5倍程度の45円でもいいと思います。
1枚45円で利確してもう1枚を15円で逆指値しておくのも良いですね。
この場合振り落される可能性も出てきますけど。
半分利確した後更に順行すればいくつか離れた権利行使価格のコールを例えば買値の30円とかで売り指値しておき約定すれば続伸した場合の利益は限定されるもののその後どれだけ逆行しようが売ったオプション分の利益は確定されます。
カプランのオプション売買戦略にあるフリートレードというやつですね。

先物やFXで私はナンピンは絶対にしませんがオプションロングの場合は買い下がりも必要な戦略です。
というのも底や天井を一発で当てるのは非常に難しいのですね。
タイムディケイがあるので仕掛けた数日後、1週間後とかに上昇が来ると先物価格が上昇してもコールが買値にすら届かないというのは当たり前のようにあります。
買い下がりして分割で利確し買ったコストを下げるというのは損失限定のオプションならではの戦略です。
先物、FX、株などで買い下がりしてしまうと逆行した場合含み損が加速的に増加しますから。


スポンサーリンク

1/14 費用対効果
強い相場が継続しています。
75MAからの反発が明確となったので崩れない限りついていきたいですね。
安値から1000円以上上昇していますが日柄を考えるとまだまだ上昇余地はあります。
もしここから高値更新できず暫くもたつくようだと週足ベースでのヨコヨコ調整なのかな?などと色々ケースを考えておきます。


去年思ったのですが、費用対効果を考えた際できるだけパソコンに張り付く時間を減らしたいと思っています。
少ないトレード時間で利益を上げるに越したことはありません。
ですが長期の時間軸になるほどロスカット幅が大きくなったり試行回数が減ったりで、一般的には短期になればなるほどトレードは利回りが高い傾向にあります。
しかしオプションが絡むと長期の時間軸でもそこそこのパフォーマンスを出せる時期もあります。
あと、場が見れるということが有利とは限らないということですね。
見ているとつい“抵抗の前だから少し早めに利食いしておくか”などと考え分割利確予定のポジションを指値を引き下げて一部利確してしまったり、“寝ている最中に走ってしまい置いて行かれたら嫌だから少し早めにエントリーしよう”などと考えてしまうものです。
もちろん見ていた方が素早く対応できることはありますが、結果見ていないほうが余計な事をしない分結果はマシだったなんてことになります。

ザラ場を見れるのにもかかわらず注文(IFD注文)を“寄り付き”、“引け”、“ナイトセッション寄り付き”のみに限定してしまうのもかなり良いんじゃないかと本気で思いますよ。
つまり日中仕事をしながらトレードしていた頃のように。
場が見れないと事前に考えるシナリオもかなり綿密になります。
支持まで下がったらオプションを買おうと考えてもあらかじめいくらに指値を入れておくなど決めておかなくてはなりません。
まあ見れるので結局私はちょくちょく見てしまうのですが、パソコンに常に意識が縛られてしまうのもどうなのかなと最近思います。

トレードスタイルはどれが正解というものはありません。
その人のライフスタイルに合った形が望ましいです。
私も生活環境の変化などに応じて取引対象や時間軸をこれまで何度も調整しています。
以前は期待値がプラスになるルールを考えることに尽力していましたが、今後は費用対効果を考えていくのがテーマになりそうです。


スポンサーリンク

1/10 生涯学習
今日も続伸しました。
12月中旬から不発だったコールの買い戦略もようやく報われましたね(笑)
コスト回収(残ったロングのポジが仮に0円になっても損失はない状態)できれば安心して引っ張れます。
上昇再開が遅かったので調整を取るミニ売りとプット売りのカバードプットにコール買いが加わっていたのでヘッジ付きのブリッシュシンセティックのようなポジになっていましたがプットは無事紙屑となり残ったミニの含み益を担保代わりにおととい更にコールロングしました。
ミニを利食いしなかったのは週足の調整になった場合を考えての事です。

基本的に私は上昇相場でないとコールロングはしません。
下落相場の真っただ中逆張り的にコールを買うとIVが極端に高い場面で買う事が多く報われない事が多いのです。
損失限定ではありますが旨味が少ないので別の戦略を取ったほうがいい事が多いです。
というのも昔の売買履歴を見ると上昇相場以外でコールの買い戦略がうまくいった試しがなかったです。
たまにうまくいっても結局は紙屑となるコールが数多く積み重なるだけでした。
しかし上昇相場でははまるとうまくいきリスクに対しリターンが大きく資金効率も良いです。
長く売買をやっていると自分の得意、不得意な型がなんとなくわかってきますので、不得意な事を外していくと良いですね。

得意な型で思い出しましたが去年検証や復習していたら「ここは絶対外しちゃいけない!というかここだけに絞ってもいいんでない?」的な型(チャートパターン的なものですが)を発見しました。
まあそこだけに絞ってしまうと売買回数が減るのでそこまではしませんが、言えることは相場を続けている限り新たな発見というものはあるし、反省すべきこともなくならないなということです(笑)
相場は「これだけ覚えたら後はOK」というものではないので生涯学習的な要素はありますね。


スポンサーリンク

プロフィール

ジョニー

Author:ジョニー
プロフィールはこちら

プライバシーポリシー

確率論・統計
検証・訓練
メンタル・姿勢
知識・戦略
資金管理
リンク
検索フォーム
スポンサーリンク
お勧めのFX検証ツール
Forex Tester 3

私が愛用しているFXの再生ソフトとしてお勧めしています。実弾トレードを開始する前に検証は不可欠です。マルチチャートに対応しており再生スピードも調整可能!通常のプランならば一度購入すれば月額料金不要でずっと使用できます。本気で勝ちたいのならば検証しましょう。
アクセスカウンター
閲覧者数
現在の閲覧者数:
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: